ディーラー下取

ディーラー下取と買取専門店はどちらが高いの?

車を売却しようとしたときは、まずどこに買い取ってもらうかという事を考えるものです。

 

買い取ってもらうところといえば、現在のところ大きく分けて3つの方向性があります。

 

1つは新車購入時に限定されますが、新車ディーラーでの下取り、1つは買取専門店での買取、そして最後に個人売買となっています。

 

個人売買は、ある程度知識がある方でないと何かとトラブルのもとになるので、一般的には下取りか買取という形になります。

 

通常、新車を購入するときにはその新車を購入するディーラーで「ついでに」下取りをしてもらうという形になります。

 

その際の下取り金額、いわゆる買取金額は比較的納得のいくものが多いのですが、これは下取りの際の査定基準が一般の買取専門店とは違う点があるからなのです。

 

買取専門店などでは、車検証に記載されているいる様な基本的ないデータのほかに、実際に車を見て、傷み具合などを加味して算出されるものなのですが、ディーラーでの基準はあくまでの車種によって評価されていることが多いのです。

 

車種が何で、年式が何年、グレードは何々でボディーカラーは何色といった具合に、一応、車の状態を見る形をとるのですが、ほとんどがこのようなその車のモデルによって判断されることになるのです。

 

従って、傷があっても買取店ではその分マイナスとなりますが、ディーラーではないものと同じ扱いをされるという事なのです。

 

しかし、時にはディーラーよりも高い査定額を買取店などで見ることがあります。

 

それは、付加価値が付いた場合です。

 

付加価値というのは、例えば現行モデルよりマイナーチェンジ前のモデルのほうが人気があったりだとか、フルオプションが付いているだとか、高価なチューニングパーツが付いているなどといったもので、ディーラーでは何のメリットもないものが買取専門店では大きなメリットとなる場合があるのです。

更新履歴