ディーラー下取りの変化

ディーラー下取りの変化

新車購入時の下取りというのは、今ではもはや当たり前の光景となっておりますが、実は近年下取りした車の使い道というのが変ってきました。

 

今までは、下取りした車の一部を影ながら行っていた中古車販売に回したり、ほとんどを中古車オークションなどに出品して売却していたわけですが、最近はディーラーそのものが大々的に中古車販売を行っていたり、ディーラー直結の中古車販売店を展開するなどして、他にその車を流すのではなく、そのほとんどをディーラー内で販売するするようになりました。

 

一般の街の中古車販売店などで中古車を買うより、ディーラー直営の中古車販売店やディーラーの息がかかった店舗のほうが、整備面でも安心感があるためか、ディーラー中古車というものの人気が非常に高まってきており、それこそ下取り車不足を心配するまでになりました。

 

そうなるとディーラー側もどんどん下取り車を仕入れなけらばならなため、新車購入時の下取り金額もそれなりに高くなってきているようです。

 

しかし、下取りの独特な評価の仕方によって、中にはあまり価値のない車にまでいい金額を出してしまうなどの「はずれ」も出ることもあるので、目に見える様な下取り金額高騰にはなっていないようです。