オプション品も評価される

オプション品も評価される

ディーラーでの下取りでは全くプラス要素として扱われないものも車買取店ではちゃんと評価してくれます。

 

買取店は、車を購入する時に注文したメーカーオプションやディーラーオプションもちゃんと見てくれるので、付いているものは実査定をする時やオンライン査定の時の備考欄などでどんどん申告しておきましょう。

 

特に生産ラインでなければ付けられない安全装備や大規模なオプション品は高評価で、ものによっては10万円単位で査定額が変わってくるので、隠しておく理由はありません。

 

後付けが可能なディーラーオプション品でもカーナビやセットオプションなどは評価が高いのでどんどん主張していきましょう。

 

もし仮にオプション品が付いていてもプラスにならないようであれば、そのオプションを取り外した形での査定をしてもらって、実際に買取となった時にはきっちり取り外しておきましょう。

 

ものによっては次の車にもつけることができますし、もしそれができなかったとしても自動車パーツとして中古パーツ店などに売ることができるので、その方が金銭的には有利に働くことになります。

 

これらのことは全て中古車販売店や買取専門店でなければ通用しないことなので、下取りの時にやっても無駄骨となります。

 

工夫次第では高額買取も夢ではない買取専門店での買取ですが、まずは無料一括査定サイトでオンライン査定をやってみましょう。