下取りをやめて買取に出す

下取りをやめて買取に出す

新しい車をディーラーで購入するときに、今乗っている車の下取り金額を購入資金の一部として新車購入計画を立てる方がほとんどだと思います。

 

しかし、新車を購入するからといって必ずしも今の車を下取りに出さなければならないという決まりはありません。

 

要は次期マイカーの資金源となってくれればいいわけですので、それならば出来る限り高く買い取ってもらったほうがいいというものです。

 

そこで新たな道筋として登場するのが今の車を下取りではなく、全く別の買取専門店で売却して、その資金を持って新車ディーラーに乗り込むといったものです。

 

ただ、ディーラーの下取り金額というのは比較的高いもので、通常の乗り方をしてきた車や傷や劣化などがひどい車はディーラー下取りのほうが高く見積もってくれると思います。

 

しかし、中古車市場で人気の高い車やほとんど室内駐車場で展示車両のごとく置いてあった車、自分なり手を入れてその車の価値観を上げたと思われる車の場合は、まずはオンライン無料一括査定サイトなどを使って、買取専門店で査定を受ける方がいいでしょう。

 

ディーラーの下取りというのはある程度の痛みや劣化は大目に見てくれますが、メリットとなる部分は無視するので、メリット面がある車の場合は買取専門店のほうが高く買い取ってくれる可能性が高いのです。
新車を買うから下取りに出す、こんな時代は終わりました。