適度な改造は好印象

適度な改造は好印象

新車購入時の下取りでは全く相手にされないチューニングカーやドレスアップ車でも買取専門店では公共化につながることがあります。

 

さすがにチバラギマシーンやエンジンまで手を入れている様なフルチューンでは店選びに困ると思いますが、一般的な買取専門店でもライトチューン程度ならプラス評価となるようです。

 

外装パーツでは法的に全く問題のない程度のエアロパーツは意外と評判がよく、ノーマルパーツも残っているようであればなおさら高評価です。

 

マフラーも車検対応マフラーで比較的静かなタイプであれば、メリットとして働くことがあるようです。

 

車高調に関しては有名パーツメーカーのものであれば印象はよく、そのパーツ自体の程度もよければ結構なプラス要素となるでしょう。ただどれもその車の専用パーツであることが重要です。

 

自動車パーツの中には汎用品というものがあるのですが、そういったパーツはフィッティングが悪かったり塗装が汚かったりするので、そういうパーツは取り外してから査定の臨んだほうがいいようです。

 

要するに、後付けの自動車パーツはその車の価値を上げることに貢献しているというものであればいいという事で、見た目的に見苦しかったり、効果がなかったりするような、車の価値を下げそうなものはすべてマイナスになるという事なのです。

 

注意したいのは、評価するのは自分でなく第三者であるという事で、どう見てもおかしいのに自分が良ければそれでいいというものは全く持って問題外となります。