査定額と値引き額

査定額と値引き額は別

下取りといえば新車ディーラーで新車を購入するついでに今の車を引き取ってもらうという事なのですが、この下取り金額はディーラーにとっては非常に都合のよいものなのです。

 

例えばそのディーラーであたらしくモデルチェンジされた車を購入しようとするとします。

 

その際に今乗っている旧型モデルを下取りに出す形になりました。

 

そこで新車購入では定番の値切り合戦が始まるわけです。

 

しかし、その新車は大人気車となっており、値引きをしなくてもどんどん売れてしまう車で、値引き交渉をしてもやっと5万円という数字を手に入れるのが精一杯です。

 

そこで渋い顔をしながら値引き交渉を続けていると次に営業マンから出てくる言葉は、「下取り金額を高くします」というセリフです。

 

そうすれば実際に支払う金額は減ることになるのですが、実のところディーラーとしては、下取り金額を高くする以上に値引きをすることができるのです。

 

それを避けるために「下取り金額」という言葉を巧みに使って、値引き額を極力抑える戦法に出るのです。

 

ですので、交渉に入る前に下取りを断る可能性があること、そして下取り金額と値引きは別で考えているという事を伝えてから商談に入るといいかもしれません。