メリットを引き出す

メリットを引き出す

新車購入の際に車を引き取ってくれる下取りですが、下取り額の評価の仕方には大きな特徴があります。それはメリットを見ないという事です。

 

下取り額を決めるのは、車名、グレード名、ボディカラー、総走行距離というものが一番大きく影響するもので、買取店のようにオプションが付いているからとか、ボディーがきれいだからという理由で査定額が高くなるというものではなく、これらのデータからはじき出された金額に微調整分を加減算したものが下取り金額となるのです。

 

要するに下取りではよっぽどひどい状態でなければ、全て標準レベルという事になり、標準的な下取り金額で買い取られるという事になるのです。

 

従って、マイナス要素が多い車にとってはいい方向に働くのですが、プラス要素が多い車にとっては損をするという事なのです。

 

そこが下取りと車買取専門店などの買取との違いで、買取店ではプラス要素はプラスとみなし、マイナス要素はマイナスとみなすのです。

 

傷ひとつなく、表面もコーティングを施しピカピカ、シートは本革張りに張り替えられ、アルミホイールも社外品の高いものといった車であればどんどん加算されていくのが買取店での買取で、自分の車に自信がある方ならば確実に高価買取を目指せるのが買取店なのです。

 

買取店で買い取ってもらう前に無料一括査定サイトなどで査定をすることになるのですが、そこで出された暫定査定額は一般的な額なので、メリットを引き出せばその数値よりも更なる高額を目指せると思います。