下取りと買取の違いを知る

下取りと買取の違いを知る

車を新しく買うために現在の車を売り払うという時に一番行われることが多いのが新車ディーラーによる下取りというものです。

 

下取りは車買取専門店で車を買取ってもらうより高い金額で買い取られるという事がよく言われますが、ここ最近はそうでもないようです。

 

本来、下取りは新しい車を購入することによって今の車が必要なくなるのでそれを買取りましょうというものなのですが、実際には不要の車を買取るという事よりも新しい車を買わせるための道具として使われることが多いのです。

 

下取りした車を中古車として売ることも考えているとは思いますが、それよりも一番の目的は新車を買わせることなので、多少中古車販売としての儲けが少なくてもかなり思い切った金額で下取りを行うというのが下取りのほうが高くなるという事なのです。

 

しかし、ここ最近は新車もあまり売れないので、下取りした車で利益を上げようという傾向が強くなってきており、無理して下取り額を上げるという事もなくなりました。

 

それに対して買取専門店は、販売した価格から買い取った金額と手数料などを差し引いたものが利益となるので、できれば買取価格を低く抑えたいところなのですが、あまり買取価格を低くしてしまうと誰も売ってくれないので、買取価格ではなく手数料やそれ以外の部分を高効率化し、それによって利益を生み出そうとするようになってきたので、最近は下取り金額とあまり変わらない金額となってきました。

 

お金の流れからすれば下取りのほうが金額を高くしやすいのですが、買取店の企業努力によって、かなりギリギリのところまで高く買い取ってくれるようになりました。

 

これからは安易に下取りと考えずに一度、無料一括査定サイトを試してみることをおすすめします。