他社の車を下取りに出す

他社の車を下取りに出す

新車購入時の下取りは、それが購入しようとしている自動車メーカーのものではなくても可能ですが、やっぱりその下取り金額には多少に違いがあるようです。

 

特に最近ディーラーが大々的に中古車販売をするようになってからは、やはり同じ自動車メーカーの車のほうが都合がよいわけで、他社の車が展示されているのは困るという事らしいのです。

 

確かに日産系の中古車販売店にマツダの車が並んでいたり、トヨタのT-upに日産の車が並んでいたのでは、見た目的にすべての展示車両の価値を下げてしまうでしょう。

 

そういった中古車販売も手掛けているディーラーでは、他社の車をしたどってもすべて、オークションなどによって売却することになるのですがそうなると出品費用や維持費などが余計にかかってしまうことから他社製の下取り車は若干低い価格にしているそうです。

 

逆に単に新車販売だけを行っているディーラーであれば、自社の車であろうと他車の車であろうとすべての車をオークションなどに出品することになるので、かかる経費も自社製・他社製に関わらず同じですので、下取り金額にも差がないという事になります。

 

ただ、下取り金額の善し悪しがディーラー選びまたは自動車選びの主たる手段ではないので、このあたりは行き当たりばったりというか、なるようにしかならないのではないでしょうか。